寝屋川ジャムレコ発ショートツアー

   

  

 
寝屋川ジャムは2009年か2010年辺りに活動を開始し、もう8年、9年辺りが経過します。
ずっと即興演奏とジャムセッションを繰り返し、その期間にそれぞれが得た知識、知恵、経験、アイディア、諸々が音になり、演奏してきました。
その寝屋川ジャムが今回、今までの演奏記録、録音を厳選し一つの作品にとして収めたCD-R作品「neyagawajam」を発表し、ゆったりとツアーをする事になりました。
もう明日(2016/06/24)から。
これから、全国を回って旅する予定です。

まずは地元大阪。
既に一度レコ発として、演奏をした阿波座chef d’oeuvre。
大阪で、演奏続けさせてもらっている大好きなカフェです。
余談ですが、僕は中々大阪でも、東京でも自分で新しい演奏場所を見つけられない、見つけていない、人間です。
今まで一緒に共演してくださってる方々の紹介で演奏場所を増やす事が出来ております。
話がそれました。
ルイとは、大学在学時からの友人でもあり、10年来の付き合いになります。
一緒に音楽を続けている一番古い友人でもあります。
僕は一つのバンドやユニットを長く続ける事があんまりないです。理由としては、簡単なことではないので文字に起こしにくいことですが、ひとえに、自分自身にとって続けられる程の思いがなくなったのだと思っています。
やりたい事の為には何が何でもやると思いますが、いざバンドやユニットになると、自分1人ではないので、そうは言ってられない。当然ですが。
でも、そういう自分にとっては、何故ルイと音楽を続けるのか、何故寝屋川ジャムを続けてこれているのか、あえて、即興演奏を選び、ジャムセッションを選んできたのか。音楽(これもカテゴライズされている事やけど)を演奏するのに、新しい事、新しい息吹、新しい経験、未知の領域に踏み込みたいという欲求をそれぞれ持ち、そういう事を感じる事が出来たから、8年や9年というのは決して短くない年月をかけているのかなと思います。
バンドやユニットはいつ終わるかはわかりません。僕らのような(演奏する上で)バンマスが決まってない形態においては殊更。いつ終わるかはわからないです。とりあえず聴いてほしい。それは当日の演奏を聴いてもらい、尚且つCD-R買って聴いてほしい。

とにかく明日(2016/06/24)から始まるツアーは一旦2016/06/27の東京までです。
以外に日程と場所。
24日大阪阿波座シェドゥーブル
25日静岡浜松ZOOT HORN ROLLO
26日東京千駄木bar isshee
27日高円寺cafe U-ha
まだご都合空いてる方、是非足を運んで下さい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中